新型コロナウイルス感染症の影響により、当事務局の業務を縮小させていただいております。
これに伴い、お問い合わせはお電話ではなく、電子メールでお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。
fulbrightfoundation@fulbright.or.jp
 
 

 
 
 
 

理事長 文野 千年男 (BUNNO, Chitoo) (Columbia U., 1968)


  

 

理事長挨拶                       
公益財団法人日米教育交流振興財団

理事長 文野千年男

 
日米教育交流振興財団(フルブライト記念財団)は、フルブライト留学の同窓生が、フルブライト奨学金で米国へ留学することができ、お世話になったことへの感謝の気持ちと恩返しを念頭に、同窓生の総意として1986年に設立されました。
 
1982年、フルブライト・プログラム発足30周年を機に全国9地区に「ガリオア・フルブライト同窓会」を結成、1983年にかけて第一回募金運動を展開、同窓会募金をもとにした奨学金による留学生への支援を開始し、1986年には財団法人日米教育交流振興財団(フルブライト記念財団)を設立、その後、2011年には内閣府による公益財団法人認定を経て現行の「公益財団法人日米教育交流振興財団」(フルブライト記念財団)に移行しました。
2013年には全国の「ガリオア・フルブライト同窓会」組織を現行の「フルブライト日本同窓会」組織に改編・統一し、同窓会による募金推進活動の一体化・効率化も図ってきました。
直近では2017年から2019年にかけてのフルブライト・プログラム発足65周年を記念した第八回募金運動を展開しましたが、この間、同窓生個人のみならず、各界の企業・団体等から温かいご協力・ご支援を賜り、おかげさまでアメリカへの留学生、アメリカからの留学生あわせて累計で500人を超える留学生への奨学金支援を行ってまいりました。
これまでご支援・ご協力いただきました関係各位に対しまして、心から感謝申し上げます。
 
当財団の目的は「我が国と米国の学生、研究者等に対し奨学金援助を行うことにより、両国間の教育、学術、文化の交流を促進し、もって国際的人材の養成と日米相互理解の増進に寄与することを目的とする」(定款第3条)と定め、この目的を達成するために

  • 来日する米国の学生、研究者等及び渡米する我が国の学生、研究者等に対する奨学金の支給および援助、
  • 日米間の教育、学術、文化の交流に関する情報、資料等の収集、提供
  • 講演会、研究会等の開催、
  • 機関紙その他出版物の発行

等の事業を行っております。
 
財団といたしまして、今後とも財団目的の継続的達成に向けて、関係各位のご期待に応えるべく、さらに努力を重ねてまいりたいと考えておりますので、引き続き関係各位の温かいご理解とご支援を賜りますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。